こんにちは!iPhone修理のIFC小倉店です。

今日はアイフォンのバッテリーについていろいろ調べてみました。リチウムイオンバッテリーを長持ちさせるコツについては皆さんいろいろ工夫されているみたいですね。

その中でも「ならし充電」や「初期充電」と言われてる充電方法について今回はお話ししようと思います。

これは新品のiPhoneや交換して新品のバッテリーを充電する際、0%になるまで使い切ってからフル充電する、というのを数回繰り返すというもの。

ネットでも賛否両論ありましたが、実はIFC小倉店ではバッテリー交換していただいたお客様には口頭で説明していた充電方法です。新品のリチウムイオンバッテリー内部のはイオン交換が滞ってる状態にある場合があり、完全放電と完全充電を繰り返すことでイオンを活性化し、電池本来の性能を引き出し寿命も延ばせる、というものです。小倉店でも最初は特にご案内していなかったんですがバッテリー交換したスタッフやお客様の問い合わせによる経験則からご案内するようになった、という経緯があり、有効であると思っております。

ただこれをバッテリーのリフレッシュ方法として月一で行う方もいらっしゃるようですが、日常的に使っているiPhoneにはあまり意味はないようです。アップルの公式で使用していないiPhoneの劣化を防ぐ方法として紹介されているそうですので、勘違いされて広まったようです。

・新しいiPhoneやバッテリーの交換をしたときは数回完全放電と完全充電を繰り返してから使う。

・普段使っているiPhoneは20%ぐらいで充電し、100%になる前に充電を終了する。

・熱をもつような状態で充電しない。(熱がこもりやすいケースはなるべくはずす、暑い場所に放置しないなど)

・100%充電できている状態でケーブルを挿しっぱなしにしない。

などがバッテリーを長持ちさせるコツのようです。気をつけて長く使っていきたいですね!

■□■──────────────────────────■□■
〒802-0002
福岡県北九州市小倉北区京町3丁目1番1号
セントシティ北九州ビル コレット/アイム1F
070-4315-6503
info@iphonekokura.com
IFC北九州小倉店Facebook
■□■──────────────────────────■□■