北九州のiPhone修理のお店

IFC北九州小倉店です。

 

以前、来られたお客様でタッチが効かないという症状でご来店された方がいたのですが、その時は、タッチは普通にできている状態でした。仕事の休憩中で抜けてきたとのことで症状が現れないので、とりあえず、iPhoneをお預かりして、症状が出ないか定期的に確認しても症状は出ず。その日はお客様が戻ってくる時間までまったく症状が出ませんでした。お渡しする前に強制再起動をして、これで様子を見てくださいとその日は帰られていきました。

後日、またタッチが効かないと同じお客様が来られたので、ネットを調べてみたところ、iPhone6/6 pulsで最近はやっている「タッチ病」というものかもしれないという事がわかりました。お客様は、あと半年くらいで機種変するからと症状が出たら強制再起動で対応するとのことでした。

ちなみに、落としたりするだけでタッチセンサーのケーブルが断線することもあるらしいので一概に「タッチ病」とは言えない部分もあります。自分が前に使っていたiPhone5sは落として、ガラスが割れて、ガラス交換をしてもらった経験があるのですが、そのあと、また落としてしまってその時は、画面が割れることはなかったのですが、タッチができなくなりました。結局画面が割れてないのに交換しないといけないというハメに・・・。

どんな些細な不具合でも気軽にご相談にご来店ください。

原因解明して、修理対応します。

 

北九州のiPhone修理のお店

IFC北九州小倉店の本多でした。