北九州市のiPhone修理のお店

IFC北九州小倉店です。

 

今日は、水没修理についてご案内しようと思います。

iPhone7からは防水機能がついたのでそれ以前の機種、iPhone6s以前のiPhoneにとっては水は天敵です。この前、テレビで某太っている汗かき芸人がiPhoneを胸ポケに入れていたら電源が入らなくなって、修理に持っていたら、『完全に水没していますね』と言われたそうです。胸ポケに入れていて汗で水没なんてすごい汗かいたんだなと思いました。

当店でも、オープンしてから水没修理は何件かご依頼いただいていますが、中を開けてみると結構びちゃびちゃになってます。全部分解して、水分を取って乾かしてといろいろ処置を施すのですが、水没した状況、水没後の対処により復旧するかどうかも変わります。水没したらまず、電源を絶対に入れないでください。電源入れると中に入った水で中の基盤がショートしてしまいます。iPhoneの中の基盤はとても繊細にできています。

水没したら、すぐに当店にお持ちください。水没してから数日たつと中の基盤についている端子などがさび付いてしまいます。

水没クリーニングは料金設定が3段階あります。

一つ目は水没クリーニングをしたが、iPhoneが起動しない場合、作業工賃のみ頂戴いたします。¥4,500(税抜)

二つ目は水没クリーニングをして、部品交換なしで正常にiPhoneが動く場合。¥8,900(税抜)

三つ目は水没クリーニングをして、部品交換しないとiPhoneが正常に動かない場合。¥8,900(税抜)+部品代

(例)バッテリーが水没でダメになっている場合は(iPhone6の場合。機種によってバッテリー交換の価格は変わります。)+¥7,980(税抜)で¥16,880(税抜)になります。

 

水没してもあきらめないでください。

直る可能性は残っていますから、ぜひ水没修理は当店にお任せください。

 

北九州市のiPhone修理のお店

IFC北九州小倉店の本多でした。