こんにちは。北九州のアイフォン修理のお店
ifc北九州小倉店です。

本日は、人形浄瑠璃 文楽を紹介します♪
人形浄瑠璃とは、浄瑠璃(三味線で伴奏する語り物)
に合わせて、人形を操る人形劇です。
そして文楽(ぶんらく)は本来
操り人形浄瑠璃専門の劇場の名ですが
現在、文楽といえば一般に人形劇の
人形浄瑠璃を指す代名詞となっています。

アイフォンで検索するとこういった情報がすぐに
出てくるのも、現代の利点ですよね。

この日本の伝統芸能である文楽が
2017年 2月26日(日)
戸畑市民会館 大ホール(ウエルとばた内)
で、上演されるそうです。
演目は、昼の部「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」
古代、大和で起きた蘇我入鹿のクーデター・蘇我入鹿暗殺を題材とし
大和の様々な伝承と織り込んだ時代物。
夜の部は「近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)」
京都の貧しい猿廻しの家を舞台として
母、兄、妹の思いやりに満ちた物語です。

なかなか、北九州の戸畑という地で
このような日本の伝統芸能にふれられる機会というもの
少ないかと思います。
今後も、ぜひこうした舞台を北九州で
開演していただけると、嬉しいですね♪